×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブライダルリング
ブライダルリングはダイヤモンドを用いることがほとんどですが、それは、ダイヤモンドが経年変化することがなく、鉱石としての最も高い強度から、「永遠」、「固い絆」の象徴として結婚指輪(ブライダルリング)にもちいられる意味あいがあるのです。
ブライダルリングの位置付けも時とともに変化しています。
これまでの既成概念にとらわれない二人だけのリング選びもまたいいものです。
結婚にまつわるブライダルリングにはいくつかの分類があります。
エンゲージリングは、婚約時に男性から女性に贈るリングです。
ダイヤモンドの立て爪タイプが主流でしたが、現在の主流は普段使いができるデザインが人気です。
日常生活で支障にならないデザインが好まれています。
またリングにこだわらないで大粒のダイヤモンドのペンダントなども密かな人気になっています。
そして、マリッジリングは挙式の際、または入籍のときに男女が取り交わすリングのことをいいます。
古代ローマ時代からの習慣だそうです。
毎日身につけるものなので、シンプルなデザインを求める人が多かったのですが、最近では毎日つけるものだからこそデザインにこだわるという人も増え、ブランド系のブライダルリングは最も人気があります。
逆にプラチナ、ゴールドの無地シンプルなブライダルリングも根強いようです。
そして最近のトレンドとして、セットリングというものがあります。
これは、エンゲージリングとマリッジリングの2つのリングを、重ねてつけられるようにデザインされたものです。
ペアマリッジ+エンゲージのトータルコーディネートですが単品を使い分けたり、組み合わせたりと気分やTPOで使い分けることが出来ます。
最後に、エタニティリングですが、一般的には結婚記念日や子供が生まれた記念に、夫から妻に贈られるリングです。
エタニティが「永遠」という意味から、恒久を表す記念品としてブライダルリングと並ぶ愛の表現方法として確立しています。

<スポンサードリンク>


ブライダルドレス
ブライダルドレスは一生一度の晴れ着としてブライダルドレス選びには多くの花嫁の頭を悩ませてきました。
ブライダルドレスの形の種類には、Aラインタイプ、プリンセスタイプ、スレンダータイプ、マーメイドタイプがあり、そのなかから、ネックラインの種類が丸首、Vネック、スクウェアネック、スタンドカラー(ハイネック)オフショルダー、ビスチェなどがあり、さらに袖のタイプも長袖、パフスリープ(ふんわりした半そで)ノースリーブ、フレンチスリーブ、アメリカンスリーブ(ハイネックのノースリーブ)パコダスリーブ(長袖で袖先がラッパ状)このようにブライダルドレスには多くのタイプがあります。
先ずは、ブライダルドレスを選ぶにあたって考えるのは購入するかレンタルにするかです。
どちらもメリットとデメリットがあります。
レンタルのメリットは挙式の現場でレンタルする場合は持っていく必要がないから荷物が少なくて済みます。
事前に沢山のタイプの中から好みの色やデザインをゆっくり試着して吟味できます。
値段的にも購入するウエディングドレスより安いようです。
レンタルのデメリットは、やはり人が着たりしている事が多いので自分だけのウエディングドレスとはいきません。
また、たまに汚れがあったりすることや、気に入った物がないかもしれないこともあります。
ブライダルドレスを購入するメリットは、自分の体型にあわせて作ってもらうので自分の体型ぴったりにできること。
自分だけウエディングドレスを着られる。
海外挙式の場合、日本でも披露宴をする予定の人にとっては、2回レンタルするより値段的にも結果的には安くなる事もあるようです。
マタニティードレスへの変更も後日可能なので2倍の幸せを味わうことも出来ます。
一方、購入のデメリットは自前なので運搬も自前になり移動の場合には多少面倒なこともあります。
挙式が終わった後の保管場所が大変になってきます。
挙式後の手入れも大変ですね。


ブライダルプランナー
ブライダルプランナーとは、その名の通り、ブライダルをプランする人のこと。
つまり結婚式や披露宴の演出や企画を当事者である新郎・新婦はもちろん、時にはご両親とともにカタチにしていく仕事を請け負うことです。
披露宴会場の雰囲気作りに関わる会場全体の飾り各テーブルに飾る花や音楽、料理の選択、衣装、ブーケなど、パーティに関する内容の他、それらに関わるさまざまな事柄をプランニング、コーディネートするため、さまざまな知識やトレンドを把握している必要があります。
ブライダルコーディネーターとも言われることもあるように、最近はひとくちに結婚と言っても、『セカンド・ウェディング(再婚)』や『おめでた婚』、『プラチナ婚』など式の形態も多様化してきているので、いかにそれぞれのシチュエーションに適し、且つウェディングに参加した全ての方が楽しんでくれるかをうまく演出する手腕が問われる仕事と言えます。
このように結婚という概念自体が多様化しているため、ブライダルに求められる志向も以前のような儀式という形式よりは、新郎・新婦ふたりのこだわりを全面に出す傾向が増えているようです。
そのこだわりには、招待客(ゲスト)といかに楽しむか、や演出にこだわるなどさまざまなこだわりがありますが、若い夫婦には時代に沿ったトレンドを取り入れる傾向が増えてきているため、ブライダルプランナーとしては、流行にも敏感であり、その流行をうまく演出に活かすセンスも必要です。
資格が必須ではありませんが、通称ABC協会と言われる全米ブライダルコンサルタント協会(Association of Bridal Consultants)が『日本におけるブライダル産業の向上発展に貢献する人材の育成』を目的とした資格を定義しており、『ブライダルプランナー検定』と呼ばれている資格があります。
ブライダル・プランナー検定には1級と2級があり、特に女性に人気の資格検定です。

ブライダル

  • ブライダルエステ
  • ブライダルネイル
  • ブライダルヘア

ブライダル2

  • ブライダルリング
  • ブライダルドレス
  • ブライダルプランナー

ブライダル3

  • ブライダルフォト
  • ブライダルローン
  • ブライダル情報誌

お見合い

  • 医師とのお見合い
  • お見合いパーティー
  • お見合い結婚

お見合い2

  • お見合いのマナー
  • 中高年のお見合い
  • お見合い身上書について



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

<美容関係>

 薄毛3

 アロマセラピーのスクール

 全国エステサロン情報局

 エステで美しくきれいにエステで健康になろう

 美容ダイエットドットコム


<健康関係>

 咳喘息2

 ガン(がん)2

 メタボリックシンドローム2

 メタボリックシンドローム3

 メタボリックシンドローム4

 活性酸素2

 眼精疲労2

 低血圧

 足裏マッサージの方法2

 O脚矯正2

 コンタクトレンズ2

 ゲルマニウム温浴効果

 オーラソーマ

 歯列矯正ネット


<保険関係>

 保険各種

 生命保険と共済2


<就職・転職関係>

 転職2

 転職の勧め2

 転職の勧め3

 転職の勧め4

 転職支援機関2

 転職情報・求人情報2

 副業2

 副業3

 副業4

 副業5

 副業禁止

 紹介予定派遣2


<SOHO関係>

 情報商材の罠

 情報起業2

 楽天アフィリエイト2

 楽天アフィリエイト3

 楽天アフィリエイト4

 楽天アフィリエイト5


<料理・食べ物関係>

 料理レシピ

 料理教室


<娯楽・趣味関係>

 ゴルフの起源2

 ゴルフの歴史2

 ゴルフの歴史3

 ゴルフ会員権と税金2

 ゴルフ会員権の基礎知識2

 ゴルフ名言集2

 ゴルフ名言集3

 ゴルフ名言集4

 ゴルフ用品2

 ゴルフ用品3

 ゴルフクラブメーカー別最新ゴルフクラブ

 ユネスコ世界遺産紹介ページ


<生活支援関係>

 団塊世代と定年2

 失業保険と手当2

 失業保険と手当3


<結婚関係>

 ブライダル2

 ブライダル3

 お見合い2

 結婚あれこれ


<インターネット関係>

 ブログ作り2

 ブログ作り3

 ブログの機能2

 ブログの機能3

 ブログの機能4


<福祉関係>

 年金手帳2


<家電関係>

 デジタルカメラ2

 デジタルカメラ3


<行事関係>

 福袋


<育児関係>

 離乳食2